よくあるご質問
Home > よくあるご質問
ブログ更新情報

携帯電話用QRコード

ピアノ教室フェリチタモバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで携帯版ホームページへアクセスできます。

鍵盤楽器が無いのですが、レッスンしてもらえますか?

無い場合でもレッスン致します。
ピアノに向かうことだけが音楽の勉強では無く、多方面から音楽とピアノについてを学んで頂くレッスンをしておりますので、まずはご相談下さい。

最初に出会う楽器こそ、じっくりと慎重に選びましょう。
数か月以内にはご購入頂き、ご自宅で練習出来る環境を整えて下さいますよう、お願い致します。

自宅は電子ピアノでも良いですか?

アップライトピアノと電子ピアノはどちらも鍵盤楽器ですが、別物とお考え下さい。
微妙なタッチや音の出し方の変化で色々なことを表現しますが、電子ピアノは、どのように弾いても内蔵された一定のきれいな音がでてくること・鍵盤の弾きごたえが少なく楽に音がでるので、正しい手や指の形を身に付けるのに時間がかかってしまうことから、耳と手を育てるためにもアップライトピアノでの練習が理想です。
消音機能付きのアップライトピアノもございます。

しかし、住宅事情などで電子ピアノでの練習となってもレッスン致しますので、ご安心下さいませ。
ご自宅の練習環境に合わせた機能設定のアドバイスや、各種機能を生かした練習のサポートも致します。
またご購入を検討されている生徒さんには、どのようなタイプが好ましいかアドバイスも致しております。

ピアノを楽しみ美しい音で弾けるようになるために、小学5~6年生頃にはアップライトピアノへの切り換えをご検討下さるよう、お話しております。

楽器のことは、いつでもお気軽にご相談下さい。

レッスンには付き添いが必要ですか?

5歳からの未就学児レッスンの場合、課題を保護者の方にも理解して頂き、お家での声かけや、可能な範囲で付き添って練習を見て下さるようお話しておりますので、毎レッスンの付き添いをお願い致します。

小学生から習い始めた場合は、数カ月間は付き添いや見学をお願いし、保護者の方とこまめにコミュニケーションを取りたいと考えております。
楽しくレッスンを受けているお子様の様子もご覧下さい。

小学校3年生位からは、課題を理解し、自分で練習出来るようになるために、また、先生との一対一のコミュニケーションを学ぶ良い機会でもありますので、 一人でレッスンを受けられると良いと思います。

家ではどのように練習したら良いですか?

例えば・・・
◇ 毎日決めた時間に練習する
◇ 朝、学校や園に行く前に練習する
◇ ピアノのふたは閉めずに楽譜を置いておき、いつでもピアノを弾けるようにする 
◇ 「聴きたいな」「ご飯の前に弾いてみようね」と声かけしたり、「頑張ってるね、上手になったね」と褒めてあげる
◇ お家でミニコンサートを開いたり、好きな音楽をCDやYouTubeで一緒に聴く

など、興味と関心を持った保護者の方の温かい声かけを頂いたり、練習環境を整えて下さると良いと思います。各ご家庭の生活リズムに合った声かけで、お子さまとの心のつながりを大切にして頂けますと嬉しく思います。特に未就学児の生徒さんは一人では練習出来ないことが多いため、ご家族の関心とご協力が不可欠だと考えております。

成長と共に関わり方も変化が必要ですね。
少しの時間でも良いので、毎日ピアノに触れるようにしてみましょう。

レッスンノートに、どんな取り組みをしたのかと、お家での練習のアドバイスを毎回記入して持ち帰りますのでご活用ください。
お問い合わせはこちら